2015/08/21

ワークショップ「イメージシアター」のご案内

+++++++++++++++++++++++++++++
問題をともに探るワークショップ
「イメージシアター」

ファシリテーター 松田裕樹さん
         ホームページ 身体でイメージを形にするワークショップ 
+++++++++++++++++++++++++++++          

【とき】 2015年 9月19日(土) 11:00~18:00
                  (12:00~13:30 昼休憩をはさみます)


【ところ】 ラポールひらかた 第3研修室(4階)      
       ホームページ ラポールひらかた

【参加費】 1,000円

【募集人数】 15名くらい

【申し込み先】 NPO法人りりあん
          lilian@zeus.eonet.ne.jp
           090-9710-8474(tada)


●「イメージシアター」とは?
  ブラジルの演劇人、アウグスト・ボアール(1931-2009)が創始した「フォーラ
ムシアター」と並ぶ代表的な手法。「フォーラムシアター」とは、一般的な
  舞台⇒観客といった一方通行のコミュニケーションではなく、双方向の
  コミュニケーションツールとして演劇を活用するもの。リオデジャネイロ市議となった
  ボアールは、市内のさまざまなコミュニティでフォーラムシアターを展開し、
  そこから導き出された解決策で討議・採決、それを精査したものを法案として
  提出されていた。演劇には当事者やその問題を熟知する人たちが参加。
  市民の声が、ダイレクトに市政に反映されていたということだろう。
  「イメージシアター」は「気持ちポーズ」や「気持ちポーズアニメーション」とも呼ばれ
る。問題をめぐる、様々な立場の人々の、いろいろな気持ちをポーズを取って静止
した状態で表現する。問題を取り巻く状況をリアルに体感しながら、さまざまな角
度からの現状分析ができる。

●「イメージシアター」を体験して感想
  自分の感情を他の人にポーズで表現してもらうことで、問題と感じていることを
客観的に見ることが出来たり、思い込みからの行き詰まりに別の道を発見でき
たりというのが、ワークショップに参加したわたしの感想です。
  たぶん、説明を読むよりも実際に体験するほうがやさしいと思います。










2014/09/26

Dayaさんのプロセスワークのお知らせです♪

遅くなりましたが、研修の一つとして、
10月5日に「私たちを囲む同調圧力」というテーマでの
プロセスワークをしました。

講師は初めてのDayaさん。
東京の方です。
前日の4日は『集団的自衛権』に関するワークが
ドーンセンターであったので、
その流れで枚方にも来ていただきました。

遅ればせながらの報告となりました。

参加されたみなさまお疲れ様です。
よかったら感想などいただけると嬉しいです。
またやりましょうね♪

----------------------------------------------------------

10月4日のDAYAさんの来阪に合わせて、
せっかくの機会を活かすため、10月5日に次の企画を行うことになりました。
ただし、4日が人数不足で不成立になったら、5日も中止になります。
その場合はここで告知するとともに参加申し込みのあった人にも直接連絡します。

【イベントのお誘い】

テーマ「私たちを囲む同調圧力」 
プロセスワーク葛藤解決ファシリテーションの視点から見たレクチャーとミニワーク


日時 10月5日(日)13時半から17時 
場所 ラポール枚方 研修室3 (大阪府枚方市 京阪枚方市駅徒歩5分)
参加費 4000円
定員  20名
参加申し込みは、
りりあん lilian@zeus.eonet.ne.jp
まで個メッセージでお願いします。
定員に達し次第、締め切ります。


レクチャーとミニワーク 
Daya (武田美亜)
葛藤ファシリテーター・ヒューマンスキルトレーナー 。
2009年 米国プロセスワーク研究所 修士課程修了。
海外のワールドワークでファシリテーションチームに参加。
日本では個人の葛藤や対人関係の対立、葛藤のあるグループのファシリテーションをするほか、
自治体・市民グループ等からの依頼で様々なセミナーやワークショップの講師を務めている。

☆4日のプロセスワークはこちらです!
     ↓
http://peatix.com/event/48227



2010/07/05

ファローアップ研修のお知らせです♪

『ワールドワーク in ひらかた』
日 時:2010年7月18日(日)AM10時~PM4時(お昼休みを挟みます)
場 所:ラポールひらかた3F和室にて(京阪枚方市駅すぐ)
参加費:3000円
   ファシリテーター:廣水 乃生(ひろみず のりお)(=ノリさん)
        コミュニティファシリテーション研究所代表
          http://comfaci.com/04/20100718/
        東京学芸大学大学院教育学研究科修了
        米国プロセスワーク研究所の葛藤解決・組織変革ファシリテーションコース修了
申し込み先・・・NPO法人りりあん 090(9710)8474  lilian@zeus.eonet.ne.jp
 
  


***わたしは何がしたいのか?***
「自分を生きるために、まず『自分ってなに?』を探ってみたい」
 「遠い国で起こっている戦争、毎日TVや新聞で報道されている虐待やDV、その他の事件、沖縄の基地の問題、児童労働、環境問題…気になることはたくさんあって、耳にするたび心が痛むけれど、結局何一つ自分に出来ることはない。そう思うと悲しくて涙が出てくる」
「自分のことが好きになれない」
 「自然に触れると心が洗われるように感じるが、身近な人たちとの関係は葛藤だらけで寛容になれない。関係が混沌としていて『多様性の中で共存する』なんて夢のように感じる」
 「言葉にならない怒りのエネルギーを感じているが、どうしていいかわからない…」

***ワールドワークってなに?***
社会の仕組みが見えてくることと、自分自身が見えてくること。そのふたつは別々のものではない。
わたしたち一人一人の中にほとんど自動的に社会の仕組みが内面化されている。そしてそんなわたしたちが社会を形作っている。そのことへの深い自覚が、わたしたちを「自由」にする。そこから始まる新たなる選び直し・・・。
このワールドワークでは、一人ひとりが体験している現実が世界のさまざまな面を表していると考えます。ですから、参加された方々の具体的な状況や想いなどを入り口にして話し合いを始めていきます。
そしてわたしたちの生きるこの世界の全体性にせまるために多様な声に耳を傾けていきます。
ワーク中には、言葉の次元だけではなく、場で起きてくるアクシデントや身体の感覚なども、全体性の一部として大切にします。そうすることで、人生・社会・教育へのかかわり方や具体的な取り組みへの自覚を高める機会となることを目指しています。
     


2010/04/30

フォローアップ研修をしました♪

枚方市育児支援家庭訪問事業のフォローアップ研修を行いました。

青年児童精神科医の川端利彦先生
ウィメンズカウンセリング京都の井上摩耶子さん
子ども情報研究センターの田中文子さん
が来てくださいました

100430_1406~010001


たくさんの貴重なお話を聴かせてくださって
どうもありがとうございました。
今後の訪問事業に役立てます。
ファイト♪

           in lilyhall
2009/07/26

フォローアップ研修のお知らせ

枚方市子ども家庭サポーター・フォローアップ研修のお知らせです♪
☆一部・二部とも8月4日(火)
一 部・・・【(各種)支援するということについて、経験談を聴き、学び、語りあいましょう♪】
講 師・・・社会福祉協議会 在宅福祉課 原田かおるさん
         長年枚方市で、障害者の自立支援・グループホームの支援など、
         生きること全般に関わってこられた方です!
時 間・・・AM10:00~12:00
場 所・・・らぽーるひらかた 4F 研修室3
       http://www.hirakata-shakyo.net/rapport/index.html

二 部・・・【当事者を理解すること・・・支援とは?】
講 師・・・奈良県河合町町会議員・NPOなら人権センター 池原まちこさん
         自らの披虐待経験を超えて、現在支援ネットワークを作り、
         活動を展開されている池原さんのお話を聴かせていただいて、
         みんなで語り合いましょう♪
時 間・・・PM2:00~4:30
場 所・・・リリーホール
       http://lilyhall.jugem.jp/?pid=1

   *子ども家庭サポーターは参加無料。
    それ以外の方の参加費は、各講座500円になります。